リスティング広告サービス おすすめ

おすすめです↓


チェックYahoo!プロモーション広告
理由は以下に書いていきますよ。

リスティング広告とは

リスティング広告とは、検索連動型広告ともいい、ユーザーの検索に連動して広告が表示される仕組みになります。

たとえば、ヤフーで何かを検索すると、その検索結果表示の画面に「スポンサードサーチ」と書かれた枠が出ることがありますが、それがリスティング広告になります。

広告を出したい人・企業が「こういったワードが入力されたら、自分の広告を表示してください」と設定を行っておくと、ユーザーがそのワードで検索したときに広告が出るようになります。

Yahoo!リスティング広告

リスティング広告 費用

基本的には1クリックいくらまでかかって構わないかを決めておき、そのクリック数に応じて費用がかかります。

1日あたりの上限金額(予算)といったものも設定でき、事前に決めておいた広告費用内での運用が可能です。
(Yahoo!などは1日ベースでみると予算を超えることもありますが、1ヶ月で予算内におさまるようにシステムが調整しながら広告露出が行われます)

こういったデータが細かく取れるのがリスティング広告の強みといっていいと思います。

例えば、 クリック単価100円で200人を自分のサイトに誘導させたいという場合には、

100円 × 200人 = 2万円
のコストがかかることになります。

それで実際にやってみて、自分のサイトに来た方がどれだけのアクションを起こしてくださったのかを測定します。
(商品購入や問い合わせ・メルマガ登録など)

その結果が2万円に見合っているのであれば、資金繰りが苦しくならない範囲内で広告露出を増やしていっていいと言えると思いますし、そうでなければどこかを見直すべきでしょう。

キーワード選定なのか、広告文章なのか、サイトのつくりなのか・・・

広告の費用対効果が見えやすい、そして比較的低予算で試すことも可能な、経営者などにとっては嬉しい広告の仕組みといっていいのではないでしょうか。

Yahoo!リスティング広告

管理人がYahoo!リスティング広告をおすすめするのは次の理由になります。

ポイントメジャーな検索エンジンである
Yahoo!はメジャーな検索エンジンの一つであり、それはイコール大きな広告露出が見込まれ、広告効果が出やすいということが言えます。

その意味で、Yahoo!と同様にメジャーなGoogle(グーグル)のリスティング広告も同時に行うほうがベターです。

ポイント電話でのユーザーサポートがある
Yahoo!リスティング広告はユーザーがかけることのできるサポート電話が用意されています。
(しかもフリーダイアル!)

時間は平日9:00~18:00に限られますが、電話で様々な問い合わせができるのは大きなポイントだと思います。

私も以前に何度か問い合わせを行ったことがあります。
広告出稿の審査が通らなかったときに、その理由を尋ねたのですが、思ったよりスムーズに解決できて満足度が高かったです。

あまり込み入った相談をするのはNGかも知れませんが、「私の業界でうまくいっている事例があれば、それを真似してやってみたいのですが」なんて聞いてみると、差し障りのない範囲内でアドバイスをもらうことも出来るかもしれませんよ。

Google(グーグル)リスティング広告

Googleのリスティング広告はGoogle Adwords(グーグル アドワーズ)。

グーグルも言わずと知れたメジャー検索エンジンですので、ヤフーリスティング広告とともに使っていくといいと思います。

たまに「SEO対策とリスティング広告とどちらをやったらいいですか?」と聞かれることがあります。

業種やネットの使い方、企業の規模等によって異なり、一概に言うことはできませんが、一般論としては両方やっていったほうがいいです。

ただし、SEO対策といってもテクニックによって上位表示させようと考えすぎるのはNG。

★ユーザーの役に立つようなコンテンツを着々と掲載する
★サイトのソースを綺麗で軽いものにする
といった真っ当なSEO対策を取るようにしたほうがいいでしょう。

そしてリスティング広告はヤフーとグーグルの両方ともやったほうがいいです。

やっていくなかで、「自分の会社にはどうも合わないんじゃないだろうか・・・」というようなことがあれば、そこで修正をしていくといいと思います。
(反応がいいところに広告予算を傾斜配分していくとか)

リスティング広告 クリック率

リスティング広告のクリック率も、業種や広告の出し方等によって様々だと言えますが、だいたい0.数%~数%の範囲内だと思われます。
(0.5%~5%程度かな)

クリック率を高めようと思ったら

★キーワード入札単価を上げる(いい場所に広告表示されるようにする)
★広告キャッチ・文章を改善する
というやり方があります。

リスティング広告 SOHO

リスティング広告はSOHOで事業をやっているような個人の人でも出稿が可能です。

広告の審査で落とされることはありますが、それが通ればSEOで上位表示されていないページやサイトにもある程度の訪問者数を呼び込んでいくことができます。

もちろん広告費が必要ですが、その分アピールしたいサイトやページを閲覧してもらうことが出来るのです。

ビジネスを加速させていくために、もしまだ手をつけられていないのでしたら、まずは予算を決めてスタートしてみてはいかがでしょうか。

 ↓おすすめです!


Yahoo!プロモーション広告

このページの先頭へ